OA情報【久保酎吉】放送延期〜BSスカパー!オリジナル連続ドラマ『マグマイザー』|スカパー!の“おまけチャンネル” BSスカパー!(BS241)

放送日決定。

ドラマ「マグマイザー」BS スカパー! オリジナル連続ドラマ「マグマイザー」
3/10(金)から毎週金曜日 21:00〜  5月10日(水) 夜9:10〜 全5話
主人公の祖父「二代前の真熊一族正統後継者 真熊焦」役で出演致します。
3/17 → 【2話】5月17日(水) 後9:00 / 5月18日(木) 深1:30 / 5月21日(日) 前9:00 / 5月23日(火) 後5:25
3/24 →【3話】5月24日(水) 後9:10 / 5月25日(木) 深1:30 / 5月28日(日) 前9:00 / 5月30日(火) 後5:25
3/31 → 【4話】5月31日(水) 後9:10


BSスカパー!オリジナル連続ドラマ『マグマイザー』【全5話】 2017年3月10日(金)夜9時スタート https://www.bs-sptv.com/magmizer/ #スカパー

情報源: BSスカパー!オリジナル連続ドラマ『マグマイザー』【全5話】|スカパー!の“おまけチャンネル” BSスカパー!(BS241)

初回投稿日:2016/03/03

舞台出演情報【鈴木一功】6/7(水)〜劇団道学先生「梶山太郎氏の憂鬱と微笑」赤坂レッドシアター

4月25日(火)前売開始

舞台「梶山太郎氏の憂鬱と微笑」チラシ表舞台「梶山太郎氏の憂鬱と微笑」チラシ裏2017年 創立20周年記念公演

2017年6月7日(水)~18日(日)

赤坂レッドシアターにて

作・演出 中島淳彦

チケット情報はプリエールまで。
http://priere.jp

情報源: 次回公演 – dogakusensei ページ!

OA情報【中村高華】4/13(木) 23:00〜「この世にたやすい仕事はない」第2話NHK-BSプレミアム

「この世にたやすい仕事はない」「この世にたやすい仕事はない」

第2回「バスのアナウンスの仕事 後編」

BSプレミアム:2017年4月13日(木)よる11時から11時29分

再放送:BSプレミアム 4月20日(木)午後6時30分

アナウンス制作にいそしむ霧中かすみは、先輩・江里口麻理が作るアナウンスに、不思議な力があるのではないかと疑いを抱く。そんな折、不審者の出没情報が寄せられる。江里口のアナウンスで不審者を撃退しようとする課長とかすみだったが、江里口は突如退社を決めてしまう。焦った課長の暴走により、広告主は大量撤退。廃線危機に陥ったバスを救うべく、かすみにすべての仕事が委ねられるようになってしまう――。

情報源: この世にたやすい仕事はない | BSプレミアム 毎週木曜よる11時

OA情報【塩田貞治】CM「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ i[アイ]」 娘からのプレゼント


新生活がはじまるこの春、大切な人に「バリスタ i[アイ]」を贈りませんか?
離れていても、スマホでつながる。
いつどんな気分でコーヒーを飲んだのか、温かいコーヒータイムを分かち合えます。

情報源: ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ i[アイ] | 公式サイト

OA情報【富岡英里子】4/9(日)夜9時〜ドラマスペシャル 「警部補・碓氷弘一~殺しのエチュード~」テレビ朝日

ドラマスペシャル 『警部補・碓氷弘一~殺しのエチュード~』番組サイト。ユースケ・サンタマリアが12年ぶり!刑事役での主演が決定!日本一、不運な刑事を熱演!相棒は刑事役初挑戦の相武紗季!異色の刑事ドラマが誕生!

情報源: ドラマスペシャル 警部補・碓氷弘一~殺しのエチュード~|テレビ朝日

OA情報【水木薫】4/2(日)夜10時〜「PTAグランパ!」NHKプレミアムドラマ

日曜夜10時より全8話
セミレギュラー出演いたします。

「PTAグランパ!」松平健主演。仕事人間のグランパが、かわいい孫のためにとのめり込んだのは…PTA活動!

武曾勤(むそつとむ)は家事も子育てもノータッチだった「ザ・仕事中心世代」。高度経済成長、バブル、混沌を極める今に至るまで、生涯、会社を勤めあげた誇り高き熱血漢であり仕事人間。その勤が、リタイアしてからかわいい孫のためにとのめり込んだ世界が“Parent Teacher Association”、いわゆる『PTA』だったのです!

情報源: PTAグランパ! | NHKプレミアムドラマ

OA情報【越村公一・久保酎吉】3/29(水)夜9時〜ドラマ特別企画 松本清張『花実のない森』テレビ東京

越村公一、久保酎吉が出演いたします。

松本清張ドラマ「花実のない森」ドラマ特別企画 松本清張『花実のない森』

もしも、愛した女性が殺人犯だったら… 近づく男を死に追いやる謎の美女

東山紀之×中山美穂が贈る切なくも美しい真実の愛の物語。
清張の傑作ミステリー、初のテレビドラマ化!

情報源: 【ドラマ特別企画】松本清張「花実のない森」|テレビ東京

舞台出演情報【小林佳織】3/26(日)〜近代能楽集より『葵上・卒塔婆小町』新国立劇場

近代能楽集より『葵上・卒塔婆小町』
公演日程2017年3月26日 (日) ~2017年4月16日 (日)
会場新国立劇場 中劇場
作 三島由紀夫
演出・美術・主演 美輪明宏
出演 美輪明宏 木村彰吾 他
恋と美は、死よりも残酷なものである恋する女の悲しく切ない嫉妬の物語『葵上』、美しすぎるがゆえに、あまりにも悲哀に満ちた定めを負わねばならない愛の物語『卒塔婆小町』。<美と醜><若と老>など<正負の法則>に基づく二作品です。

情報源: 近代能楽集より『葵上・卒塔婆小町』

OA情報【赤星昇一郎】3/26(日)10:30〜「ワラッチャオ!最終回」 NHKBSプレミアム

2017年3月26日(日)10:30~11:00
4年間子供のためのお笑い番組としてお送りしてきた「ワラッチャオ!」。今回が最終回です。ドックン、キャサリン、メタホン、オナライダー、ハヤブチャオー、ウイルス、スミス、そして寺崎お姉さん。小林幸子さん、ヒャダインさん、夢眠ねむちゃん、そしてガンコ親父も。総出演でお送りします。笑いあり、そして涙ありの30分。内容はもちろん全力でのコントです。お楽しみに!そして応援していただいてありがとうございました!

情報源: ワラッチャオ! | NHK

舞台出演情報【渡辺樹里】2017年3月22日まで「実録・連合赤軍あさま山荘への道程」新宿SPACE雑遊

若松孝二生誕80年祭特別企画
舞台版「実録・連合赤軍あさま山荘への道程」
2017年3月9日〜3月22日
若松孝二ゆかりの地新宿にある「SPACE雑遊」

若松孝二が遺した伝説の映画
衝撃の舞台化!

究極の密室劇が生まれる。
約230名の応募者の中から選抜された精鋭部隊!
オーディションで選出された俳優達が挑む密室の群像劇

情報源: 舞台版 「実録・連合赤軍あさま山荘への道程」 公式ページ

初回投稿日:2016/11/18

出演情報【鈴木一功】「ジョニーの休日」文化庁委託事業『ndjc:若手映画作家育成プロジェクト』3/11〜東京会場、3/18〜大阪会場

若手映画作家育成プロジェクト ndjc 2016
「ジョニーの休日」(監督:新谷寛行)
東京会場(TOHOシネマズ日本橋) 3/11(土)〜17(金) 連日18:30〜
大阪会場(シネ・リーブル梅田) 3/18(土) 18:15〜 / 3/19(日)〜24(金) 18:30〜

文化庁委託事業「ndjc:若手映画作家育成プロジェクト」を企画しています。このプロジェクトでは、在野の優れた若手映画作家の発掘と育成を行い、本格的な映像制作技術と作家性を磨くために必要な知識や技術を継承するためのワークショップや制作実習を実施すると同時に、新たな才能の発掘を目的とした作品発表の場を提供することで若手映画作家を支援し、日本映画の活性化を目指しています。

情報源: 新谷 寛行 | ジョニーの休日 | ndjcアーカイブス | 文化庁委託事業『ndjc:若手映画作家育成プロジェクト』

OA情報【中田春介】3/12(日) 21:00〜NHKスペシャル「メルトダウンFile.6 原子炉冷却 12日間の深層〜見過ごされた“危機”〜」NHK総合

NHKスペシャル 災害
メルトダウンFile.6
原子炉冷却 12日間の深層
~見過ごされた“危機”~

2017年3月12日(日)
午後9時00分~9時49分
NHK総合

世界最悪レベルとなった東京電力福島第一原子力発電所の事故から6年。事故がなぜ、どのように起きたのか、今もなお謎が残されている。独自の取材と専門家による科学的検証を重ね、事故の真相に迫り続けてきたシリーズ「メルトダウン」。今回は、最も早くメルトダウンし、その後の事故の進展を決定づけた1号機をめぐり、現場で何が起きていたのかに迫る。原子炉の冷却に失敗した1号機、その背景には何があったのか、新たな事実が浮かび上がってきている。さらに、一連の事故対応を記録した東京電力のテレビ会議の膨大な発話を詳細に分析することで、複数のプラントで同時多発的に事故が起きた時に、人間が適切に対処できるのか、検証する。福島第一原発で進行した危機の実態を解明し、今に突きつけられた課題を探る。

情報源: NHKスペシャル|災害

OA情報【市原悦子ほか】再放送:2017年4月22日(土)15時〜山口発地域ドラマ「朗読屋」NHKBS

市原悦子、富岡英里子が出演致します。

NHKBS(再放送)4月22日(土)15時〜

 

今なお輝き続ける山口が生んだ詩人・中原中也の詩の朗読と現在の山口の美しい風景が響きあう、ファンタジックで心温まるドラマ。

ドラマ「朗読屋」会見映像

朗読屋BSプレミアム
2017年1月18日(水)夜10時〜全国放送

情報源: 山口発地域ドラマ「朗読屋」

初回投稿日:2016/12/20

OA情報【松原夏海】5/28(日)夜10時〜「クロスロード~声なきに聞き形なきに見よ~」NHK BSプレミアム

好調撮影中!

特集ドラマ
「クロスロード~声なきに聞き形なきに見よ~」

【放送予定】
2017年5月28日(日)スタート <連続6回>
BSプレミアム 毎週日曜 夜10時から10時59分(最終回は90分拡大版)

舘ひろし×神田正輝 男たちの熱き人間ドラマが帰ってくる!
昨年、好評を博した舘ひろし・神田正輝主演「クロスロード」のパート2。
刑事とジャーナリスト、真実を暴くという共通した目的を抱き、時に反目し合い、時に強い絆をにじませる前作の関係を引き継ぎ、2人が新たな事件に挑む。
<あらすじ>
尾関辰郎(舘ひろし)は大田区の警察署の刑事課に異動した。定年間際、警務課でのやりがいを見いだした後の人事は素直に喜べるものではなかったが、日夜事件の解決に当たっている。板垣公平(神田正輝)は、再びフリーのライターとして活動していた。妻に心配をかけながらもジャーナリストとしての新たな道を模索している。そんな中、大田区の河川敷で女性の死体が発見される。女には連れ子がおり、その子は【無戸籍】の状態であることがわかる。被害者の足取りを追ううち、捜査方針に疑問を持った辰郎は過去の事件を調べるが、自白強要があったとされるその事件を担当していたのは、かつて自分に警察とは、刑事とは何かを教えてくれた恩師である先輩刑事であった。一方、くしくも公平も辰郎と同じ事件を追っていた。事件現場の河川敷で、ふたたび2人は相まみえる――。

情報源: 舘ひろし×神田正輝「クロスロード~声なきに聞き形なきに見よ~」制作開始!|NHK

舞台公演情報【久保酎吉】7/5(水)〜こまつ座「イヌの仇討」紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMATA

こまつ座「イヌの仇討」
2017年7月5日(水)〜23日(日)
紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMATA

2017年5月13日(土)前売開始

舞台「イヌの仇討」チラシ時代の真実は虚偽と謎だらけ。
現代と変わらぬ歴史のからくりと人間のドラマ、忠臣蔵・・・
武士の正義は、はたして本当につらぬかれたのだろうか。

討ち入り当日、密室でお犬様と炭焼き小屋に隠れていた吉良上野介は
どんな思いで首をはねられるまでの二時間を過ごしたのか。
吉良の目線から、その知的な興味を駆使して語られるスリリングな舞台運びは、
作者の目でみた忠臣蔵のもう一つの側面を浮かび上がらせる。
大石内蔵助の登場しない忠臣蔵は、逆に大石内蔵助を鮮明に浮き立たせ、
移り気な大衆の力によって美談として今に伝聞されるべき、作られた忠臣蔵ではなかったか?
さて、その真実は・・・こまつ座の初演から二十九年の時を経て、今甦る井上ひさしが描いた「忠臣蔵」異聞。

時は元禄十五年(一七〇二) 十二月十五日の七ツ時分(午前四時頃)。

有明の月も凍る寒空を、裂帛の気合、不気味な悲鳴、そして刃に刃のぶつかる鋭い金属音が駆け抜ける。
大石内蔵助以下赤穂の家来衆が、ついに吉良邸内に打ち入った。狙う仇はただ一人。
「吉良上野介義央」
ところが、やっとの思いでたどりついた上野介の御寝屋は蛻の殻だった。
上野介は、御勝手台所の炭小屋に逃げ込んでいた。
赤穂の家来衆が邸内を二時間にわたって、三度も家探しをしていた間、
身を潜めていたというあの物置で、彼らの心に何が起こったのか。
果たしてどんな事実があったのだろうか。
―――討ち入りから三百五十年、歴史の死角の中で眠っていた物語が、東憲司の演出によって二十九年ぶりに甦る。

思えば、あの白髪の品のいい老人が気の毒でならぬ。
ある日、些細なことを根にもたれ、いきなり切りつけられたばかりか、
あげ句の果てには殺されて、壮大な貴種流離譚のために、
三百年間、悪く言われっ放しのあの老人を、
私はときどき手を合わせて拝みたくなる。
――井上ひさし

井上ひさし版忠臣蔵『イヌの仇討』には浅野内匠頭も大石内蔵助も出てこない。
仇役・吉良上野介に光を当てた異色作である。
打ち入られてからの二時間、逃げ隠れた物置のみで進行する物語の台詞の数々は暗闇の中で光り輝き、
豊かに広がり、人間の生きる性を問い正してくれる。
権力に忠実なイヌとして生きてきた一人の老人を慈しみながらも、滑稽に笑い飛ばし、厳しく残酷に打ちのめす。
この物語は三百年前に起きた事件を通して今現在の日本の恥部をも晒けだしているようにも思える。
僕にとってこの戯曲は挑戦である。
赤穂浪士のごとく武者震いし、そして吉良上野介のように怯えている。
いずれにしろ覚悟を決めて、作者の愛溢れる言葉の渦に飛び込んでゆくのだ。
――東憲司

情報源: 公演情報|こまつ座