公演情報【市原悦子】7/20(土)〜角笛シルエット劇場「花さき山」大手町日経ホール

角笛シルエット劇場「花さき山」令和元年7月
20日(土)午前 10時30分/午後 2時
21日(日)午前 10時30分
22日(月)午前 10時30分

花さき山
声の出演/市原悦子
原作/斎藤隆介 脚色/山上路夫 音楽/渡辺岳夫

つのぶえのうた
うたと司会/たいらいさお・稲村なおこ
音楽/松山祐士 構成・演出/角笛文芸部

観劇料金
前売り料金 2、500円
当日料金  3、000円

プレイガイド
ローソンチケット TEL 0570-084-003 Lコード 33632
ローチケ.com http://l-tike.com/ (PC・モバイル共通)
イープラス:eplus.jpにアクセスし「角笛シルエット劇場」で検索

情報源: 劇団角笛|公演のご案内 of TSUNOBUE

掲載情報【市原悦子】有名人の逝き方 余命知っていたショーケンと市原悦子さんの最期 〈週刊朝日〉

『週刊朝日』7月5日号掲載の記事が公開されました。

週刊朝日  2019年7月5日号(6月25日発売)

著名人の見事な最期 他界に映る「らしさ」
よく生きて よく逝った
今だから明かす見事な逝き方
市原悦子 姪との最後の会話

情報源: 週刊朝日 2019年7月5日号

市原悦子さん(右)。樹木葬墓地で久保久美さん(左)と■市原悦子 亡き夫に寄り添う樹木葬 なお、なお、なお、なお愛される

女優市原悦子さん(享年82)の闘病は2016年11月、自己免疫性脊髄炎で都内の病院に入院してから始まった。

「病室でおばは動けなくなって、すごく落ち込んでました。薬も合わなくて、メチャクチャしんどそうでした。そのときがどん底でしたね。きょうにも死んじゃうというような雰囲気で、『きょうだい呼んで』って」

16年11月から17年8月まで、総合病院とリハビリ病院を計7回も入退院を繰り返した。市原さんのリハビリを支えたのはめいの久保久美さん(54)と市原さんのきょうだいたち、親しくしていたノンフィクションライターの沢部ひとみさんらだった。

「きょうのおまじないは?」

市原さんは入院中、病室から立ち去ろうとする久保さんにせがんだものだった。
(さらに…)

OA情報【松原夏海】6/30(日)午後7:00〜『あん誰 同窓会』生放送!TBSチャンネル1

今月
6/30(日)午後7:00〜午後8:50
来月
7/27(土)午後9:00〜午後11:00[録画]

『あん誰 同窓会』まさかの復活!『あん誰 同窓会』生放送!
2016年6月30日に惜しまれながらも終了した伝説の番組『AKB48のあんた、誰?』(通称:あん誰)が、3年の時を経て一日限りの復活を遂げる!当時出演していたAKB48グループの卒業メンバーらが集結し、今だから話せる思い出話や番組の名物コーナー、同窓会ならではの特別企画で大盛り上がり!?何が起こるかわからない『あん誰 同窓会』生放送をどうぞお楽しみに!

情報源:あん誰 同窓会|バラエティ|TBS CS[TBSチャンネル]

映画上映情報:詳細決定【市原悦子】6/8(土)~特集企画「追悼企画 市原悦子と樹木希林 「個性派」と呼ばれたふたりの女優」神保町シアター

市原悦子出演の初期から中期の8作品が劇場にて上映されます。
この機会に是非ご覧ください。

神保町シアターポスター上映スケジュール

追悼企画
市原悦子と樹木希林
「個性派」と呼ばれたふたりの女優

2019年6月8日(土)~7月5日(金)

◆市原悦子(1936-2019)◆樹木希林(1943-2018)
昭和を代表する二人の名女優が、奇しくも、相次いでこの世を去りました。
ふたりは、50年を超える長いキャリアの中で、その活動が交わることはなく、国内外で高く評価された2015年公開『あん』(河瀬直美監督)が初共演となりました。しかし、二人の経歴を紐解くと、市原は俳優座、樹木は文学座の出身で、共に映画会社の専属としてではなく演劇界からの助っ人という形で映画界に入り、やがてテレビ番組のヒット作に恵まれ、お茶の間の顔として一世を風靡するという、いくつかの共通点があるのです。歩む道は違えども、その得難い個性と類まれなる演技力で、同じ時代の芸能界を支えてきました。
今回は、この二人の、記憶に新しい老年期の主演作ではなく、端役ながら独特の存在感を発揮していた若かりし頃から、実力が評価されはじめた中年期の作品までを特集し、映画での知られざる活躍の軌跡を辿ってみたいと思います。

情報源: 神保町シアター

【上映作品リスト】
(さらに…)

OA情報【松原夏海】6/11(火)よる11時20分〜ロンドンハーツ『~もう一花咲かせたい!~ 元AKB48だらけの非公認運動会』テレビ朝日

2019年6月11日(火)

『~もう一花咲かせたい!~ 元AKB48だらけの非公認運動会』

元AKB48、総勢25名による非公認運動会を開催!!
AKB48を卒業して、今でも活躍するメンバーの陰で、
全くテレビに出られず、世間から忘れられた人たちは数知れず・・・
そんな中から、この企画の出演をキッカケに、
「もう一度、芸能界で花を咲かせたい!」と願うメンバー25名が集結し、
ツメ跡を残すべく、熱いバトルが繰り広げられる!!

【出演】ロンドンブーツ1号2号、有吉弘行、山崎弘也(アンタッチャブル)/
浦野一美(1期生)、大江朝美(1期生)、戸島花(1期生)、平嶋夏海(1期生)、今井優(2期生)、 大堀恵(2期生)、小林香菜(2期生)、松原夏海(2期生)、片山陽加(3期生)、田名部生来(3期生)、 中田ちさと(4期生)、内田眞由美(5期生)、小原春香(5期生)、前田亜美(7期生)、 松井咲子(7期生)、永尾まりや(9期生)、小嶋菜月(11期生)、森川彩香(11期生)、 岡田彩花(13期生)、西野未姫(14期生)、橋本耀(14期生)、前田美月(14期生)、飯野雅(15期生)、大和田南那(15期生)、近藤萌恵里(チーム8)

情報源: 『~もう一花咲かせたい!~ 元AKB48だらけの非公認運動会』|NEXT ON AIR|ロンドンハーツ|テレビ朝日

舞台出演情報【藤井びん】5/25(土)~6/21(金)「サムライ・魂 -赤と黒-」東京・大阪・愛知

藤井びん:町年寄 上島作兵衛 役で出演いたします。

時代劇スターが、実力派若手俳優たちと共にサムライ・イズムを継承し、今、もっともこの時代にふさわしい“本格的時代劇作品”に挑む!!

TOKYO
■公演日程:2019年5月25日(土)~5月31日(金)
■会場:東京国際フォーラム ホールC ≫ Official Website

OSAKA
■公演日程:2019年6月5日(水)~6月9日(日)
■会場:クールジャパンパーク大阪TTホール ≫ Official Website

AICHI
■公演日程:2019年6月21日(金)
■会場:東海市芸術劇場 ≫ Official Website

オフィシャルHP先着先行
■受付期間:4月17日(水)19:00 ~ 4月21日(日)17:59

情報源: 舞台「サムライ・魂 -赤と黒-

初回投稿日:2019/04/18

配信情報【松原夏海】5/23(木)21:00〜声優アイドルユニット V-NEXT :SHOWROOM

生配信ですので時間にならないとご覧になれません。
お楽しみに!

第二回配信:5月23日(木)21時予定

第一回配信:5月09日(木)21時終了

2019年3月3日に行われた完全投票型声優イベントV-NEXT2019で活躍したメンバーによる、 声優アイドルユニット「V-NEXT RED」「V-NEXT WHITE」の配信ルームです! 現在、クラウドファンディングでお披露目ライブについてご案内しています。 よろしくお願いいたします!
WHITE: https://www.muevo.jp/campaigns/1962
RED: https://www.muevo.jp/campaigns/1981

情報源: 声優アイドルユニット V-NEXT

初回投稿日:2019/05/09

メディア掲載情報【市原悦子】市原悦子さんを看取った姪が明かす「幻覚症状」と「樹木葬」 | デイリー新潮

週刊新潮掲載記事が公開されました。

新潮社がお届けする『週刊新潮 2019年5月2・9日ゴールデンウイーク特大号』の情報

【ワイド】御世をまたぐ難題

(5)姪に看取られた「市原悦子」の幻覚と「樹木葬」

情報源: 週刊新潮 2019年5月2・9日ゴールデンウイーク特大号 | 新潮社

市原悦子さんを看取った姪が明かす「幻覚症状」と「樹木葬」
芸能週刊新潮 2019年5月2・9日号掲載

「確かに伯母は女優だったけれど、家では普通の人でしたよ。お風呂上りにはタオル一枚で家の中を歩き回っていて――」と語るのは、1月12日に他界した女優・市原悦子(享年82)の義姪・久保久美さんである。

あるときは昔話のナレーター、あるときは秘密を知った家政婦……昭和と平成を彩った名女優の姿を見なくなったのは、舞台演出家の夫を喪った2014年春頃からだった。 (さらに…)

メディア掲載情報【市原悦子】家族が語る市原悦子さんの「兆候」は「背中のこり」と「盲腸」|NEWSポストセブン

女性セブン掲載記事が公開されました。

[[新]われらの時代に]
[市原悦子さん][森繁久彌さん][藤村俊二さん][井上ひさしさん]ほか
家族が語った「あれが死のサインでした」
背中のこり、腹痛、便秘、尿の変色、せき

情報源: 女性セブン 5/9・16合併号

 今年1月、突然の訃報となったのは、ドラマ『家政婦は見た!』(テレビ朝日系)や、アニメ『まんが日本昔ばなし』(TBS系)のナレーションでおなじみの女優、市原悦子さん(享年82)だ。

市原さんは2014年に最愛の夫・塩見哲さん(享年80)に先立たれてから2年後に、病気との闘いの日々が始まる。

夫を亡くした市原さんの当時の様子を、姪の久保久美さんが振り返る。 (さらに…)

メディア掲載情報【市原悦子】こうすると左足が動くのよ。“さあ、一緒に遊ぼう!”――優しいやまんば 市原悦子のことば | 文春オンライン

『週刊文春』 2019年4月25日号掲載の記事が公開されました。

市原悦子の書籍を多く手掛けたノンフィクションライターの沢部ひとみさんが
エピソードを語ってくださいました。

新連載 市原悦子のことば   沢部ひとみ

市原悦子

市原悦子さん ©駒澤琛道

20年前、初めて『AERA』の「現代の肖像」に人物ノンフィクションを書くことになった時、真っ先に思い浮かんだのが市原悦子さんだった。わたしは何よりも市原さんの声が好きだった。毎週土曜の夜7時に始まった…

情報源: こうすると左足が動くのよ。“さあ、一緒に遊ぼう!”――優しいやまんば 市原悦子のことば | 文春オンライン

(さらに…)