★俳優別情報★村松恭子

舞台出演情報【村松恭子・岩崎聡子】2019年2月1日〜「 雨の夏、三十人のジュリエットが還ってきた」座・高円寺1

『雨の夏、三十人のジュリエットが還ってきた』
2月1日(金)~10日(日)
座・高円寺1
一般 4,000円

チケット予約受付中!
村松恭子専用予約フォーム
流山児★事務所チケット予約フォーム(シニア、学生、U25 、高校生以下の取扱あり)
チケットぴあ0570-02-9999 (Pコード487-813)
イープラス

舞台『雨の夏、三十人のジュリエットが還ってきた』チラシ座・高円寺 冬の劇場25
流山児★事務所 公演

雨の夏、三十人のジュリエットが還ってきた
作/清水邦夫
演出/西沢栄治
芸術監督/流山児祥

2019年2月1日(金)~10日(日)

1982年初演、清水邦夫のまぼろしの名作が今よみがえる!

舞台は北陸、深夜の百貨店。
今宵もひそかに「ロミオとジュリエット」の稽古がくり広げられる。
主役を演ずるは、かつて熱狂的な人気を持ちながらも解散してしまった
少女歌劇団のヒロイン・風吹景子。

しかし彼女は、戦争中に遭遇した空襲のショックで記憶をなくしていた…。
はたして歌劇団の仲間たちは再び集結するのか?
そしてロミオはやって来るのだろうか?

自分の歌をうたうため、三十人の女優たちが舞い踊る!
流山児★事務所が演劇への愛を胸におくる、シアトリカルな夢のステージ。

情報源: 2019.02 雨の夏、三十人のジュリエットが還ってきた

OA情報【村松恭子】5/31(木)夜10時〜「モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―」STORY#07 フジテレビテレビ


STORY#07 ONAIR 5.31
モンテ・クリスト・真海(ディーン・フジオカ)は自分を貶めた寺角 類(渋川 清彦)をこの世から抹殺する。そして、真海が復讐のために放った南条幸男(大倉忠義)に向けた矢も、ついに的を射ようとしていた。

情報源: ストーリー | モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐― オフィシャルサイト – フジテレビ

OA情報【村松恭子】5/24(木)夜10時〜「モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―」STORY#06 フジテレビテレビ


STORY#06 ONAIR 5.24
モンテ・クリスト・真海(ディーン・フジオカ)の復讐は、ついに死者を出すまでに至った。その犠牲は入間 公平(高橋 克典)家族の崩壊を意味している。真海が放つ復讐の火種は南条幸男(大倉忠義)と 神楽清(新井浩文)の関係も絶ち、大炎上を招こうとしていた。

情報源: ストーリー | モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐― オフィシャルサイト – フジテレビ

OA情報【村松恭子】5/17(木)夜10時〜「モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―」STORY#05 フジテレビテレビ


STORY#05 ONAIR 5.17
実の母子に肉体関係を持たせる…。モンテ・クリスト・真海(ディーン・フジオカ)の魔手は神楽清(新井浩文)の妻、留美(稲森 いずみ)を彼女が不倫の果てに産んだ安藤 完治(葉山 奨之)と結びつけた。

情報源: ストーリー | モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐― オフィシャルサイト – フジテレビ

OA情報【村松恭子】5/10(木)夜10時〜「モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―」STORY#04 フジテレビ


STORY#04 ONAIR 5.10
モンテ・クリスト・真海(ディーン・フジオカ)は、復讐のターゲットとなる者たちとの面通しを済ませる。これは、ターゲットたちの大切なものを全て壊すことが目的である真海の序章に過ぎない…

情報源: ストーリー | モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐― オフィシャルサイト – フジテレビ

舞台出演情報【村松恭子・松原夏海】9/24(日)まで『川を渡る夏』すみだパークスタジオ倉

村松恭子・松原夏海が出演いたします。

<公演情報>
『川を渡る夏』

2017年9月15日(金)~24日(日)

すみだパークスタジオ倉(そう)

(さらに…)

OA情報【村松恭子・中村高華】5/25(木)21時「緊急取調室 第6話」テレビ朝日系

村松恭子、中村高華が出演致します。

緊急取調室22017年5月25日(木)
第6話
銀行員の大谷雅美(阿南敦子)が自宅マンションから転落死した。多数の住人が「やめて!」という悲鳴を聞いていたが、部屋には他殺の物証がなく、自殺と断定される。ところがその後、雅美の携帯電話が飛び降りる前後につながっていたことが判明する。通話相手は雅美が通っていたサロンのネイリスト・茂手木恭子(鶴田真由)。 (さらに…)

OA情報【村松恭子】 11/26(土)21:00〜  土曜ワイド劇場「新ヤメ検の女2」テレビ朝日系


2016年11月26日(土) よる9:00~11:06
「新ヤメ検の女2」

葵あかね(賀来千香子)は、検察庁を辞めて弁護士に転身した“ヤメ検”。利益を求めず国選弁護を専門に引き受ける、一本気で志の高い女性だ。あかねをサポートするのは元ヤンキーの矢吹真緒(雛形あきこ)。大家の奥本健三(竜雷太)もちょくちょく顔を出しては、あかねたちの世話を焼いている。

(さらに…)

舞台公演情報【村松恭子】11/23〜「タイタス・アンドロニカス」日暮里d-倉庫




勝田演劇事務所プロデュース№.26
「シェイクスピア流血残酷悲劇『タイタス・アンドロニカス』」
2016年11月23日~28日
日暮里d-倉庫
チケット発売開始/9月12日

作/W・シェイクスピア 訳/小田島雄志 演出/小笠原響
出演/若松武史 村松恭子 吉田侑生 笠木誠 二瓶鮫一 岩戸秀年
須田真魚 吉田直子 牛水里美 北川能功 南風佳子 宮下泰幸 森下庸之
立花 弘行 江頭一馬 南智章 上田晃之 岩崎浩太郎 桧山征翔
スタッフ/美術/加藤ちか 衣装/原田夏おる 照明/光田卓郎
音響/小沢高史 舞台監督/吉田誠 制作/山田杏子 宣伝美術/YUKINO
写真/中山留理子 製作/勝田安彦
場所/日暮里d-倉庫
チケット発売開始/9月12日
企画・制作/勝田演劇事務所

情報源: 勝田演劇事務所ブログ 「タイタス・アンドロニカス」始動!

初回投稿日:2016/08/30

舞台公演情報【村松恭子】9/15〜「OKINAWA1972」Space早稲田

Space早稲田フェスティバル オープニング企画
2016年9月15日(木)~10月2日(日)
開場は開演の20分前より
☆15、16、20、21、23日は、前半平日割引
☆19日の終演後、アフタートーク開催

舞台「OKINAWA1972」チラシ詩森ろばの劇世界がSpace早稲田に現出します!
詩森さんに、Space早稲田ロングラン上演をやりたいから「新作」を書いてくれと依頼した。

小劇場空間で、濃密で、熱いニンゲン・ドラマを観たい(=創りたい)と思ったからである。詩森さんは「沖縄を描きたい!それも1972年のOKINAWAを!」と快諾してくれた。

タイトルもずばり『OKINAWA1972』

コザ暴動など本土復帰に揺れた沖縄。
あれから44年、何も変わっていないOKINAWA

そして、ニッポンの《現在》 わたしは久々に血の滾りを感じている。
ろばさん、小劇場でしか出来ない「挑発の劇」をきっちりやりましょう。

流山児祥(Space早稲田芸術監督)

情報源: 2016.9. OKINAWA1972|流山兒★事務所