★俳優別情報★市原悦子

出版情報【市原悦子】新刊のご案内「白髪のうた」春秋社ほか

2017年7月発売
自伝的エッセイ新刊 「白髪のうた」
初のエッセイ集。待望の新装版 「ひとりごと〈新装版〉」

白髪のうた 朗読CD付
はくはつのうた
市原悦子著
四六 ● 224頁
発行日:2017年7月 ISBN:978-4-393-43649-3
Cコード:0095
CD1
定価:本体1,600円+税

女優・市原悦子が、役者として、娘として、妻として、等身大の人生をまっすぐに語る。いままであまり語られてこなかった家族のこと、夫である演出家・塩見哲の逝去、そして一人暮らしのことなど。役者として関わってきた数々の著名人とのエピソードや、演技からスポーツにいたるまで、味わい深く、縦横無尽に語り尽くす。独特の感性がきらめく、ファン待望の自伝的エッセイ! 朗読CD・年譜つき。

*付録・朗読CD
宮沢賢治作 「どんぐりと山猫」
野坂昭如作 「年老いた雌狼と女の子」(『戦争童話集』より)
特設ページにてCDの一部をお聴きになれます。

情報源: 白髪のうた | 春秋社


ひとりごと 〈新装版〉
ひとりごと  しんそうばん
市原悦子著
四六 ● 232頁
発行日:2017年7月 ISBN:978-4-393-43648-6
Cコード:0095
定価:本体1,600円+税

素顔の大女優の姿とは。長い間の沈黙を破って、舞台・芝居、そして人生のことなど、生きてあることのいとおしさと確かさを、魅力豊かに語る初のエッセイ集。待望の新装版!

情報源: ひとりごと | 春秋社

映画出演情報【市原悦子・富岡英里子】8/5(土)より『しゃぼん玉』ギンレイホールにて上映

8月5日(土)~8月18日(金)
上映開始時間 9:30・13:55・18:15
(「愚行録」との二本立上映です。)
ギンレイホール


市原悦子・富岡英里子が出演致します。
3/4(土)より『しゃぼん玉』シネスイッチ銀座ほか全国公開

映画「しゃぼん玉」チラシ
映画「しゃぼん玉」原作は直木賞作家・乃南アサのベストセラー小説「しゃぼん玉」

主演:林遣都 藤井美菜 相島一之 綿引勝彦/市原悦子

親に見捨てられ、女性や老人だけを狙った通り魔や強盗傷害を繰り返してきた伊豆見翔人(林遣都)。 人を刺し、逃亡途中に迷い込んだ宮崎県の山深い椎葉村で怪我をした老婆スマ(市原悦子)を 助けたことがきっかけで、彼女の家に寝泊まりするようになった。初めは金を盗んで逃げるつもりだったが、 伊豆見をスマの孫だと勘違いした村の人々に世話を焼かれ、山仕事や祭りの準備を手伝わされるうちに、 伊豆見の荒んだ心に少しづつ変化が訪れた。そして10年ぶりに村に帰ってきた美知(藤井美菜)との, 出会いから、自分が犯した罪を自覚し始める。「今まで諦めていた人生をやり直したい」 ――決意を秘めた伊豆見は、どこへ向かうのか…。
  

情報源: 映画『しゃぼん玉』

★関連記事:映画化速報【市原悦子】林遣都×市原悦子で直木賞作家サスペンス「しゃぼん玉」映画化!

初回投稿日:2017/01/18

OA情報【市原悦子ほか】5/12(金)夜7時57分〜「さよなら!おばさんデカ 桜乙女の事件帖ザ・ラスト」金曜プレミアム・フジテレビ

市原悦子、越村公一、中村高華、富岡英里子が出演致します。

5月12日(金) 19:57~21:49
金曜プレミアム・さよなら!おばさんデカ 桜乙女の事件帖 ザ・ラスト

金曜プレミアム・さよなら!おばさんデカ 桜乙女の事件帖 ザ・ラスト“オカメ”の愛称で親しまれ、自らの勘と主婦ならではの独特の推理で事件を解決に導く桜乙女刑事の活躍を描く人気シリーズ『おばさんデカ』。15作目である『おばさんデカ 桜乙女の事件帖ファイナル』(2007年9月28日放送)をもって一旦シリーズに幕をおろした作品が、多くのファンの声に応え、このたび10年ぶりに復活。さらに本作をもって正式に“おばさんデカ”シリーズのラスト作となることが発表された。
(さらに…)

OA情報【市原悦子ほか】再放送:2017年4月22日(土)15時〜山口発地域ドラマ「朗読屋」NHKBS

市原悦子、富岡英里子が出演致します。

NHKBS(再放送)4月22日(土)15時〜

 

今なお輝き続ける山口が生んだ詩人・中原中也の詩の朗読と現在の山口の美しい風景が響きあう、ファンタジックで心温まるドラマ。

ドラマ「朗読屋」会見映像

朗読屋BSプレミアム
2017年1月18日(水)夜10時〜全国放送

情報源: 山口発地域ドラマ「朗読屋」

初回投稿日:2016/12/20

配信開始情報【市原悦子】LINEスタンプ『市原悦子 お母さんフレーズ集』

LINEスタンプ 第3弾 配信中!

市原悦子 お母さんフレーズ集 LINEスタンプ市原悦子 お母さんフレーズ集

どこか懐かしくて親しみがもてる昭和のほっこりお母さんを、“女優 市原悦子”がほっこり演じます。

情報源: 市原悦子 お母さんフレーズ集 – クリエイターズスタンプ

“母親目線のスタンプを市原悦子が演じます!” LINEスタンプ『市原悦子 お母さんフレーズ集』 販売開始!
ジグノシステムジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:沼尻一彦)は、LINE株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:出澤剛)が運営するコミュニケーションアプリ「LINE」内のスタンプショップにて、2016年12月27日にLINEスタンプ『市原悦子 お母さんフレーズ集』の配信を開始しました。

情報源: ジグノシステムジャパン(株)-TOKYO FM Communications group-

OA情報【市原悦子ほか】11/19(土)夜9時〜山田太一ドラマスペシャル「五年目のひとり」テレビ朝日

市原悦子・鈴木一功・中村高華が出演しております。

5年目のひとりついに放送日決定!! 豪華共演陣を発表!山田太一氏×渡辺謙が、東日本大震災をテーマに描くドラマスペシャル。
その脇を固めるキャスト陣を、ついに発表!
ベテラン&フレッシュな俳優たちが“山田ワールド”に挑む!!
テレビ朝日『五年目のひとり』
脚本家の山田太一と名優、渡辺謙が東日本大震災のその後をやさしく紡ぐ感動の物語をお送り致します。

(さらに…)

OA情報【市原悦子】10/31(月)よる7時半〜「プロフェッショナル仕事の流儀 スペシャル」NHK

スタジオゲストとして出演致します。
2016年10月31日(月)午後7時30分 放送予定
73分拡大版!

プロフェッショナル仕事の流儀プロフェッショナル仕事の流儀
世界が驚いた!ロボット開発者スペシャル
ロボット研究開発・柴田崇徳、遠藤謙、堂前幸康

世界で激しい開発競争が進む中、ユニークな発想で「暮らしを支える」ロボットづくりに励むプロフェッショナルたちを描くスペシャル版!プロたちの挑戦に密着するVTRに加え、スタジオに劇団ひとりさんと、「私、ロボットには疑り深いの」と語る市原悦子さんが登場。初めてロボットに接した市原さんの驚きの感想とは!?
(さらに…)

映画上映情報【市原悦子】神楽坂映画祭2016

市原悦子出演作品も上映されます。

神楽坂映画祭2016
『新潮社から生まれた名作映画たち』
2016年10月22日(土)〜10月28日(金)
飯田橋ギンレイホール

「雪国」昭和32年 原作:川端康成/監督:豊田四郎 10/23(日)9:45、10/28(金)20:20

「黒い雨」平成元年 原作:井伏鱒二/監督:今村昌平 10/24(月)11:30、10/26(水)16:05

詳細は『上映スケジュール』をご覧ください。

神楽坂映画祭2016神楽坂映画祭2016

『新潮社から生まれた名作映画たち』 新潮社創業120周年・週刊新潮創刊60周年記念

今年の神楽坂映画祭は神楽坂の出版社の老舗「新潮社」と名画座「ギンレイホール」による文学と映画のコラボ企画。
新潮社は今年創業120周年。映画とほぼ同じ歴史を持つ新潮社から生まれた名作文学を映画化した珠玉の20本を一挙上映。
映画関係者ほか新潮社から原作の担当編集者を招いて連日トークショーも開催。
10/22(土)「伽倻子のために」小栗康平氏(映画監督)
10/23(日)「羅生門」西村雄一郎氏(映画評論家)
10/24(月)「黒い雨」天願大介氏(映画監督、元新潮社編集者、今村昌平長男)
10/25(火)「橋のない川」辛島美奈氏(新潮社編集者、「橋のない川」担当)
10/26(水)「八甲田山」宮辺尚氏(新潮社編集者、新田次郎担当)
10/27(木)「華麗なる一族」矢代新一郎氏(新潮社編集者、山崎豊子担当)
10/28(金)「忍ぶ川」西村雄一郎氏(映画評論家)
◆聞き手:森重良太氏(新潮社編集者/新潮講座事務局)

情報源: 飯田橋ギンレイホール

映画出演情報【市原悦子】8/26〜ロードショー『君の名は。』

「君の名は。」は8月26日より全国ロードショー。

ヒロインの祖母である宮水一葉の声で出演致します。

新海誠監督最新作『君の名は。』2016年8月全国東宝系公開 声の出演:神木隆之介 上白石萌音 キャラクターデザイン:田中将賀 作画監督:安藤雅司 出会うことのない二人の出逢い。少年と少女の奇跡の物語が、いま動き出す。

情報源: 映画『君の名は。』公式サイト


映画「君の名は。」キャスト

「君の名は。」アフレコの様子。左から長澤まさみ、神木隆之介、上白石萌音、市原悦子。(c)2016「君の名は。」製作委員会

市原悦子 コメント
アニメはどこまでも広がる世界で、そこに声の出演として参加するのは昔から大好きでした。「君の名は。」では、都会に憧れる若者たちの、掴みどころのない、希望と不安で揺れているような心情が描かれていて、それは私には新鮮で触れたことのない世界でした。分からないからこそ面白くて、やってみたいと思い、受けさせていただきました。新海監督はとても丁寧に演出され、出演者にもとても優しく、これも驚きでした。
(さらに…)

講演会情報【市原悦子 】7/17(日)「 朗読とお話の世界」木津川市

講演会「市原悦子 朗読とお話の世界」

市原悦子 朗読とお話の世界

7月17日(日)
開場13:30 開演14:00

会場:木津川市山城総合文化センター
(アスピア山城・グリーンホール)

料金:前売 3,500円

【プレイガイド】
山城総合文化センター 0774-86-5851
加茂文化センター 0774-76-4611

【お問合せ】
木津川市山城総合文化センター 0774-86-5851

情報源: 市原悦子 | Facebook

OA情報【市原悦子】5/30(月)7時半〜「鶴瓶の家族に乾杯 」 NHK

5月30日(月曜日)午後7時30分~午後8時43
「レジェンド登場 市原悦子 北海道厚沢部町ぶっつけ本番旅」

『鶴瓶の家族に乾杯』は、ステキな家族を求めて日本中を巡る“ぶっつけ本番”の旅番組です。

女優・市原悦子が北海道厚沢部町でぶっつけ本番旅に初挑戦。鶴瓶は、旅の初めに市原から「一人暮らしの人に会いたい」と言われ困惑。しかし、出会った方々から、亡くなった方への思いを知り、鶴瓶と市原は改めて家族の絆の素晴らしさを感じる。さらに、鶴瓶と市原は二人旅を続け、厚沢部町に移住して働く若者たちと出会いを重ねていく。ずっと二人で旅したい市原に鶴瓶は「別れよう」ととうとう切り出すが、市原の反応に…。
家族に乾杯

情報源: 鶴瓶の家族に乾杯 – NHK

映画化速報【市原悦子】林遣都×市原悦子で直木賞作家サスペンス「しゃぼん玉」映画化!

「しゃぼん玉」映画化!

林遣都×市原悦子がタッグ!「しゃぼん玉」映画化!

直木賞受賞作家・乃南アサのベストセラー小説「しゃぼん玉」(新潮文庫刊)が、林遣都×市原悦子出演で映画化されることが明らかになった。

2017年春の公開を予定している。

原作は、親に見捨てられ、通り魔や強盗傷害を繰り返す無軌道な若者が、逃亡途中の宮崎で、偶然出会った老婆や村の人々の愛情によって、失くした感情を取り戻していくという、血の繋がりを超えた絆を描いた感動作。

情報源: 林遣都×市原悦子で直木賞作家サスペンス「しゃぼん玉」映画化! | シネマトゥデイ
(さらに…)

配信開始情報【市原悦子】市原悦子の癒しボイススタンプ – LINE 公式スタンプ

LINE公式スタンプ『市原悦子の癒しボイススタンプ』が、配信開始されました。
完全撮りおろし!鼻歌も聴けますよ!

市原悦子癒しのボイススタンプ
ついに市原悦子のボイススタンプが登場!

癒されるその声は完全撮りおろし!!

大女優がこんなことまで!?と驚くようなスタンプも満載です。

※iPhoneの場合、マナーモード時にスタンプをタップすると、サウンドが再生されます。

情報源: 市原悦子の癒しボイススタンプ – LINE 公式スタンプ

「ごあいさつは私にまかせて!」

情報源: 渾身の“完全撮りおろし”のボイス付! LINEスタンプ 『市原悦子の癒しボイススタンプ』配信 | ジグノシステムジャパン(株)

OA情報【市原悦子】NHKドキュメンタリー – NHKスペシャル「ゼロから町をつくる~陸前高田・空前の巨大プロジェクト~」

【語り】市原悦子

初回放送:2016年3月8日(火)午後10時00分
再放送:2016年3月13日(日)午前0時50分
NHKオンデマンド配信中

津波で中心市街地が失われた岩手県陸前高田市では、被災地最大規模の造成費を投入し、ゼロから町をつくる空前の巨大プロジェクトが進行中。その舞台裏の密着ドキュメント。

津波で中心市街地の機能が全て失われた岩手県陸前高田市。被災地最大規模の造成費を投入し、町をまるごと作り直すという未曽有の復興事業が進められてきた。市街地の再生を担う市役所では、公共施設と商店街を組み合わせた最先端の町づくりを進めるなど、起死回生の戦略を打ち出し始めた。しかし、人口の流出が加速し、町づくりは大きな正念場を迎えている。ゼロからの町づくりに挑む人々に密着し、被災地再生のヒントを探る。

情報源: NHKドキュメンタリー – NHKスペシャル「ゼロから町をつくる~陸前高田・空前の巨大プロジェクト~」

ラジオOA情報【市原悦子ほか】12/19「もと天使松永」

NHK オーディオドラマ
2015年12月19日 午後9時~午後9時50分(全1回)NHK FM

市原悦子, 富岡英里子が出演致します。


クリスマスイブに僕は路上で、もと天使とデュエットした
(さらに…)