OA情報【久保酎吉】 9/15(土) 21:00~ 連続ドラマJ「極道めし」第9話 BSジャパン

2018年9月15日放送
第9話「おでんのからしが目にしみる 塀の中のクリスマス」
一平(福士誠治)の服役生活は3年目。仮釈放を2週間後に控えていた。204号室には新人・米倉(沢井正棋)が入り、仙台の牛カンや香川の讃岐うどんなど、全国のうまい刑務所飯について盛り上がっていた。
その話を房の外でこっそり聞いているのは看守の野村(橋本真一)。どうやらおかずを賭けているのはばれているらしい。
そんなことはつゆ知らず、一平は米倉とタッグを組んで話を盛り上げて米倉を勝たせ、みんなが寝静まった後に分け前を分け合っていた。
時はクリスマス。当然、カップケーキを賭けたうまい飯バトルが切って落とされる。規則違反であるおかずを賭けた勝負を廊下で聞いている向田(和田聰宏)と野村。トップバッターの荒木(小沢仁志)が話し出したのは堅気になろうと道路工事の仕事をしながら面接を受けていたころの話。彼女が持ち帰る寿司の謎を知ってしまった荒木は…。
公園のトイレで暮らしていた坂井(柳沢慎吾)は腹立ちまぎれにクリスマスケーキを盗む。そんな坂井を若い警官が交番へ連れて行き、シュークリームでもてなしてくれたのだった。
そして米倉が話し出したチンピラ時代の話。地上げのターゲットにしていたのにおでんをふるまってくれた店主。それは、一平のおやじさんの店だったのだ。

情報源: 第9話 ストーリー|連続ドラマJ 「極道めし」:BSジャパン